• 2014/06/24
    2014-06-24-「グループポリシーによりこのプログラムはブロックされています。」の対処方法

    対象製品:
    - Windows向けのすべてのAVG製品

    Windowsのホーム エディションや、ご家庭のPCでAVG製品を使用されており、「グループポリシー」の設定を変更した心当たりが無いにもかかわらず、AVG製品の起動を試みた際に「グループポリシーによりこのプログラムはブロックされています。」というメッセージが表示され、製品が起動できない場合、マルウェアによってお客様のPCの設定が変更されている可能性がございます。
    この問題が発生した場合は、以下の対処方法をお試しください。

    ※注意
    以下の操作にはレジストリの変更を含みます。
    レジストリ エディターまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。
    レジストリの誤った変更により発生した問題に関しては、弊社では一切責任を負いかねますので、レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。



    【ステップ 1】 レジストリのバックアップを作成
    レジストリ エディターを起動します。

    ●Windows 8 の場合:
    画面右側の「検索チャーム」に「regedit」と入力し、Enter キーを押します。

    ●Windows 7 / Vista の場合:
    スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」に「regedit」と入力し、Enter キーを押します。

    ●Windows XP の場合:
    スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

    レジストリ エディターが起動したら、画面左側のツリー表示から、「コンピューター」(Windows XPの場合は「マイ コンピュータ」)を右クリックして、「エクスポート」をクリックします。
    任意のわかりやすいファイル名を入力して(例:バックアップ)、「保存」をクリックし、バックアップの作成完了をお待ちください。
    バックアップ のファイルサイズは、多くの場合 100MB 以上になります。1GB 程度の空き容量があるドライブへの保存を推奨します。

    【ステップ 2】 レジストリ キーを削除
    レジストリ エディター画面左側のツリー表示から、次の階層へ移動します。

     HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\safer\codeidentifiers\0\Paths\

    { ランダムな文字列(※)} のフォルダ型キーの中に、「ItemData」という名前のキーがあります。
    (※ 半角英数とハイフンの全36文字によるランダムな文字列です)
    ItemDataをダブルクリックして、「値のデータ」をご確認ください。
    「値のデータ」が以下のいずれかであるキーを探します。

     C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\AVG
     C:\Program Files (x86)\AVG
     C:\Program Files\AVG

    該当のキーを見つけたら、{ ランダムな文字列 } のフォルダ型キーを右クリックし、「削除」をクリックして、「キーの削除の確認」画面で「はい」を選択します。

    【ステップ 3】 Windowsを再起動
    レジストリ キーの削除が完了したら、Windowsを再起動します。

    以下は、AVGのセキュリティソフトのユーザーのみ実施する操作です
    【ステップ 4】 AVGを起動し、PC内スキャンを実施
    デスクトップや、Windows画面右下(タスクトレイ)のAVGアイコンより、AVGの画面を起動します。
    「今すぐスキャン」をクリックして、PC内のスキャンを実施して、問題が無いかご確認ください。



    技術的な問題に関してご質問がありましたら、テクニカルサポートまでご連絡ください。
    https://www.avg.co.jp/contacts-technical
戻る