• 2014/05/21
    2014-05-21-[AVG 2014ご利用者様向け]Windowsをアップグレードする際はご注意ください
    平素よりAVG インターネットセキュリティ 2014、AVG アンチウイルス 2014をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

    AVG 2014を現在ご利用のお客様は、WindowsのOSをアップグレードする場合、あらかじめAVGをアンインストールしてから、アップグレード完了後に再インストールを行っていただきますようお願いいたします。
    (例:Windows 8 → Windows 8.1 のアップグレード)

    AVGをインストールした状態で、OSをアップグレードしたことによって、AVGの動作に問題が発生した場合は、AVGの完全削除を行ってください。
    以下に、AVG 2014をインストールされていた場合の完全削除および、再インストールの操作をご案内いたします。

    (1)お使いのWindowsのbitバージョンを確認します
    Microsoftサポートページからご確認いただけます。
    http://support.microsoft.com/kb/827218/ja

    (2)「AVG Remover」と呼ばれるツールをダウンロードします
    手順(1)にて確認したbitバージョンのAVG Removerをダウンロードします。
    デスクトップ等、わかりやすい場所にダウンロードすることをおすすめします。

    AVG 2014 32bit用
    http://download.avg.com/filedir/util/support/avg_remover_stf_x86_2014_4116.exe

    AVG 2014 64bit用
    http://download.avg.com/filedir/util/support/avg_remover_stf_x64_2014_4116.exe

    (3)Windowsをセーフモードで起動します
    ダウンロードしたAVG Removerを実行せず、PCを再起動します。
    コンピュータ製造元のロゴやBIOSの起動画面が表示されたら、キーボード上のF8キーを何度か押し、ブートオプション画面に移ります。
    「セーフモード」を選択し、セーフモードにてWindowsを起動してください。

    (4)AVG Removerを実行します
    手順(2)にて保存したAVG Removerを実行します。
    ダイアログが表示されましたら、「はい」ボタンをクリックして続行します。

    (5)PCを再起動し、セーフモードではなく通常起動を行います

    (6)隠しフォルダの表示設定を行っていない場合、表示状態にします
    Microsoftサポートページからご確認いただけます。
    http://support.microsoft.com/kb/2453311/ja

    (7)次のフォルダがある場合、フォルダアイコンを右クリックして、これらを手動で削除します

    Windows XPの場合:
     C:\Program files(x86)\AVG
     C:\Documents and settings\All users\Application data\(すべてのAVGバージョンのフォルダ)
     C:\Documents and settings\All users\Application data\MFAData

    Windows Vista / Windows 7 / Windows 8の場合:
     C:\Program files(x86)\AVG
     C:\ProgramData\AVG(すべてのバージョンのフォルダ)
     C:\ProgramData\MFAData
     C:\Users\%username%\AppData\Roaming\(すべてのAVGバージョンのフォルダ)

    (8)次のURLより、AVG 2014のインストーラをダウンロードして、実行します
    http://www.avg.co.jp/download/file/avc.1.0.0.24
    インストールの操作を完了させて、AVGが正常に動作していることをご確認ください。


    技術的な問題に関してご質問がありましたら、テクニカルサポートまでご連絡ください。
    https://www.avg.co.jp/contacts-technical
戻る