• 2013/03/13
    2013-03-13 - Adobe Flash Player の脆弱性対策について
    アドビシステムズ社の Adobe Flash Player に、ウェブを閲覧することで DoS 攻撃を受けたり、任意のコード(命令)を実行される可能性がある脆弱性(APSB13-09)が存在します。

    この脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりする可能性があります。

    アドビシステムズ社からは、「攻撃対象になるリスクが比較的に高い脆弱性」としてアナウンスがされているため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

    詳細はこちら

    ------------------------------------------------------------------------------------
    AVG 製品のご購入はお済みですか?
    まずは30日間無料試用版を こちらから ダウンロードしてください。
    ------------------------------------------------------------------------------------
戻る